呼吸数測定①

今日は、この間ちょろっとお話しした呼吸数測定についてお話しします。

すべてのトレーニングの後。をご覧ください)

 

水族館ではお客様に動物を実際に見てもらいながら

その動物について知ってもらうことが大切な役割です。

ですが、その前にもっと大切なことがあります。

それは『動物を健康に飼育すること』です!

動物が健康でないと、本来の動物たちの動きを見てもらえません。

 

そのために、体温測定・ボディチェック・口内チェック・採血など様々なことをしています。

そのうちの1つが呼吸数測定なのです(`・ω・´)

 

アクアスでは毎日、朝と夕方に3分間イルカが呼吸した数を数えます。

なんだー、そんだけか!と思っているあなた!侮ってはいけません。

この3分間、とーっても大事なんです!!!

 

呼吸した数を数えるだけではなく、

呼吸の仕方・呼吸の音・呼吸の間隔・呼吸した場所・どんな動きをしているか

こんな感じでとても多くのことを1度に見ています。

 

毎日はかることで小さな異変にも気づくことができます。

呼吸の数が少ない日、多い日が何日も続いたら

もしかするとなにかの病気の前兆かもしれないと、目印にすることができます。

 

イルカの鼻は、泳ぎながら呼吸がしやすいように頭の上にあります。

こんな感じで呼吸をしたら「1」と数えます。

 

アクアスではシロイルカを7頭飼育しています。

1頭3分×7頭=21分

単純計算したらこうなりますが、

他にもやらなければいけないことがたくさんあるので

ここまで時間はかけられません。

 

では、アクアスの飼育員たちはいったいどうやって

時間を短縮しつつ、イルカたちの呼吸数をはかっているのでしょうか…?

 

その様子は、また次回~(@^^)/~~~