今の気持ち(10か月ぶりのシロイルカパフォーマンスを終えて・・・)

今日、3月24日、

シロイルカパフォーマンスが再開しました。

 

みなさま、大変お待たせしました。

 

この10か月間、

アーリャ(母)、シーリャ(息子)、ミーリャ(娘)の3頭で

この日のためにトレーニングを積み重ねてきました。

 

ところが3月初旬に新しいプールに引っ越す際、

アーリャが怪我をしてしまい、

元のプールに残って治療をすることとなりました。

 

アーリャの怪我は順調に回復してきていますので

ご安心ください。

ご心配くださったたくさんの皆様、ありがとうございます。

 

そして、シーリャ・ミーリャの兄妹2頭でのパフォーマンスとなり、

2週間トレーニングに励みましたが、

2頭とも見たこともない新しいプール。

 

それに加えてミーリャは、うまれてから今まで

アーリャと離れたことがなく、

突然お母さんがいなくなった心細さ、不安もあったと思います。

 

シーリャは2週間かけて

プールや新しい環境にだいぶ慣れてきましたが、

ミーリャは今もなかなか慣れ親しむことができていません。

 

 

そんな中で迎えた今日。

 

海獣係の全員で考えた新しいパフォーマンスの構成を、

10か月間イルカたちとトレーニングしてきて、

その成果が今日全部出せたかと言われたら、

そうではありませんでした。

 

3頭でやる予定だった種目、

シーリャ・ミーリャ兄妹での2頭マジックリング、

ミーリャが披露する予定だったさまざまな種目など、

今の段階でお見せすることができなかったものを思うと、

とても悔しいです。

 

でも、今のわたしたちにできる精一杯は

今日すべて出し切れたと思っています。

 

 

そして、今日の第1回目のパフォーマンスは

会場の空気がいつもと違いました。

 

お客様みなさまが

いつものにこやかな表情ではなく

固唾を飲んで、祈るように見てくださっていたこと、

リングがお見せできるたびに大きな歓声と拍手が起こったこと。

入社して5年になりますが、初めての経験で、

これからもずっと忘れられないと思います。

 

みなさまのご声援と、笑顔と、

「すごかったです」

「とてもよかったです」

「感動しました」

「これまでお疲れ様でした」

というお言葉に、

わたしたちの10か月間は無駄ではなかったと思えました。

 

 

みなさまがいつも応援してくださっているから

ここまで頑張れたんだなと

改めて強く思いました。

 

 

練習どおりできなかったことは

本当に悔しい気持ちもありますが、

今日がゴールではなく、

今日からようやくスタートです。

 

明日からも、

今できる最高のパフォーマンスをお見せできるよう、

みんなで力を合わせて1つ1つ頑張っていきますので、

今日よりもっと成長したわたしたち、イルカたちを見に

遊びにきてくださいね。

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この場を借りて、もう一度言わせてください。

 

ありがとうございました。