呼吸数測定②

では、さっそくこの間の続きから。

(前回のブログを読んでいないという方はこちら⇒呼吸数測定①

1頭3分×7頭=21分

この時間をどうやって短縮するのか、というお話でしたね。

 

アクアスにいるシロイルカたちは

今、この組み合わせで部屋分け(プール分け?)をしています。

これを、よーく覚えておいてくださいね!

 

では実際に、夕方の呼吸数測定の様子を見てみましょう(/・ω・)/

なんと!!!

1人の飼育員がケーリャ・ナスチャ・アンナ・ランゲルの4頭を一気にはかっています!

手元をよーく見ると…

グーでもなければパーでもなければ

何とも言えない状態ですね(笑)

頭の中で2頭の呼吸数を数えながら、

もう2頭は右手と左手で数えているんです(`・ω・´)シャキーン

まあ、私のやり方なので

ベテランの先輩たちはきっと頭の中で数えてそうですが。。。

 

4頭分なら簡単に測れるじゃん!と思っているんではないですか?

現実、そんなに甘くありません。

 

呼吸した瞬間がそのイルカの3分間のスタートなんです!

4頭が4頭、同じタイミングで呼吸してくれるわけではありません。

ということは、頭の中で2頭の呼吸数を数えながら

4頭分の終わりの時間を覚えておかなければいけません。

 

その中で、呼吸音やら呼吸した場所やら

様々なことを見なければいけないのです。

とても大変で大切なお仕事なのです。

 

写真で見ても、実際見ても

プールを見てぼーっと突っ立ているように見えるかもしれませんが

頭の中はフル回転です!!!

 

呼吸数測定の様子は朝は見れないかもしれませんが

夕方は16:45以降ぐらいにやっていることが多いので

皆さんもその様子を見に来てみてはいかがですが?

そして自信のある方は2Fデッキからイルカたちが呼吸する様子を見れるので

呼吸数測定にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

年パスをお持ちの方は、毎日アクアスに来て

呼吸数をはかってみて

呼吸する場所や静かにしてると音も聞こえるかな?

ぜひプチ飼育員体験をしてみてくださいね(・ω・)ノ